お知らせ

公的年金シミュレーターの試験運用が開始されました(2022年4月25日から)

公的年金シミュレーターとは

厚生労働省のホームページにおいて「公的年金シミュレーター」(働き方・暮らし方の変化に応じて、将来受給可能な老齢年金額をパソコンやスマートフォンで簡単に試算できるツール)の試験運用が4月25日から開始されています。
https://www.mhlw.go.jp/stf/nenkin_simulator_press.html

「ねんきんネット」とは異なり、マイナポータルからの登録やユーザーIDの取得は不要で、すぐに試算を始めることができます。
「ねんきん定期便」の二次元コードを利用すれば、よりスムーズに入力が可能です。

今回は、この公的年金シミュレーター利用の際の注意点などについて、2022年5月16日現在の概要をお伝えします。

公的年金シミュレーターで試算できる年金は、老齢基礎年金・老齢厚生年金

公的年金シミュレーターで試算できるのは、65歳からもらえる老齢年金(老齢基礎年金・老齢厚生年金)のみです。

年金額は、老齢基礎年金・老齢厚生年金の合計額(年額。千円単位を四捨五入)が表示されるだけで、各年金の内訳額は表示されません。

また、60歳代前半に支給される特別支給の老齢厚生年金は試算の対象外です。

特別支給の老齢厚生年金を受給できる世代(昭和36年4月1日以前生まれの男性や昭和41年4月1日以前生まれの女性)の方が利用する際は、誤解しないように注意しましょう。

なお、老齢厚生年金に加算されることがある「加給年金額」や、老齢基礎年金に加算されることがある「振替加算」も試算の対象外です。

老齢年金以外の障害年金や遺族年金も試算の対象外です。

(比較)日本年金機構の「ねんきんネット」
https://www.nenkin.go.jp/n_net/
では:特別支給の老齢厚生年金がいくらかや、老齢基礎年金、老齢厚生年金、基金代行部分がいくらかも確認できます。

公的年金シミュレーター入力にあたっての注意事項

1.「ねんきん定期便」の二次元コードを利用する場合

50歳以上の人だけでなく50歳未満の人も、現在の加入状況(加入制度、被保険者種別、標準報酬等)が60歳まで継続すると仮定して試算した年金額が表示されます。

50歳未満の人の場合、「ねんきん定期便」記載の見込み額(これまでの加入実績のみに応じた年金額)とは異なる額が表示されることとなるため、注意しましょう。

2.「働き方・暮らし方」を入力する場合

「働き方・暮らし方」や「期間」を入力します(複数の「働き方・暮らし方」・「期間」を入力できます)。厚生年金保険加入期間については、「年収」も入力します。

期間については「○歳~○歳まで」としか入力できません。
例えば、「働き方・暮らし方」として「会社員・公務員(厚生年金)」を選択し、期間を「60歳~64歳まで」と入力し、その期間の年収を万円単位で入力すると、60歳1か月から64歳12か月までの5年について、厚生年金保険の被保険者として試算されます。

(比較)「ねんきんネット」では:自由に期間を入力して試算ができます。

なお、「公的年金シミュレーター」では、「働き方・暮らし方」の「期間」は最高75歳までしか入力できず、「今後の年収」は最高990万円までしか入力できません。

公的年金シミュレーターの年金額や在職老齢年金試算についての注意点

働きながら老齢厚生年金を受給する際の老齢厚生年金(報酬比例部分)と報酬・賞与との調整のしくみ(「在職老齢年金制度」)や老齢厚生年金(経過的加算部分)については、試算において一応考慮されています。

ただ、在職老齢年金の受給額については、在職支給停止分を除く年金見込み額(年額)が表示されるだけです。
例えば、支給停止前の年金額(老齢基礎年金・老齢厚生年金の合計年額)が200万円、在職支給停止分が120万円の場合、「年金見込み受給額」として「80万円」と表示されます。

なお、「公的年金シミュレーター」には、厚生年金保険加入中の各月の報酬月額・賞与額を入れるのではなく、指定した期間の「年収」を入れる仕様となっています。

「年収」として税や社会保険料を控除する前の個人の年収(賞与を含んだ額)を入力すると、実際の報酬・賞与の割合は考慮されずに、次の通り、機械的に年収の85%を給与、15%を賞与に振り分けて標準報酬月額・標準賞与額を算出して年金見込み受給額が計算される仕様となっています。
・標準報酬月額 = 年収 × 0.85/12 × 0.936(令和4年度再評価率)
ただし、上限65万円(令和4年度現在の標準報酬月額の上限額)
・標準賞与額= 年収 × 0.15 × 0.936(令和4年度再評価率)
ただし、上限150万円(令和4年度現在の標準賞与額の上限額)

(比較)「ねんきんネット」では:入力した報酬月額や賞与額をもとに試算されます。特別支給の老齢厚生年金や老齢厚生年金、老齢基礎年金の月額、支給停止見込額(月額)、受給予定年金見込額(月額)が表示され、基金代行部分がある場合は、基金代行部分(月額)も参考表示されます。

また、実際には、標準報酬月額が変動する場合は、9月から(算定基礎届に基づき決定)、または、報酬月額が大きく変動した月から起算して4か月目から(月額変更届に基づき改定)変動しますが、公的年金シミュレーターでは、これらのタイミングは考慮されていません。

(比較)「ねんきんネット」では:今後何歳何か月から報酬月額いくらで働くかや、賞与を何月にいくら受給するかを入力することもできます。

以上より、公的年金シミュレーターでは、老齢厚生年金の見込額や厚生年金保険加入中の年金受給見込額について、正確に試算できていないケースも多いでしょう。

また、令和4年度から導入された在職定時改定(60歳台後半の厚生年金保険加入者の老齢厚生年金が毎年10月分から増額される制度)にも、令和4年5月18日現在対応されていません。

(在職定時改定を加味した試算については、令和4年5月現在、「ねんきんネット」でも、年金事務所の年金相談でもまだ対応されていません)。

 詳細な試算は、ねんきんネットや年金事務所の年金相談を活用しよう

以上の通り、「公的年金シミュレーター」の将来の年金受給見込み額は、ざっくりとした試算になっています。

主に、年金受給開始年齢までまだ年数がある人がご自身の年金についてざっくりとしたイメージをつかむためや、これまで年金に全く関心がなかった人が関心を持つきっかけとして活用いただけばよいのではないかと思います。

詳しい年金見込額試算が必要な場合は、
「ねんきんネット」の「詳細な条件で試算」を行うか、
https://www.nenkin.go.jp/n_net/introduction/estimatedamount.html
50歳以上の方の場合は、年金事務所
https://www.nenkin.go.jp/section/soudan/index.html
の「予約相談」で
https://www.nenkin.go.jp/section/guidance/yoyaku.html
今後の働き方・報酬設定・退職時期などを伝えて、年金見込額が印字された「A4横」の紙(「試算結果」)をもらうとよいでしょう。

関連記事

  1. 60歳からの働き方

    60歳まで・年金をもらう年齢になるまでに知っておきたい・調べておきたいこと

    会社の定年年齢や継続雇用制度について確認しておきましょう定年を迎える…

  2. 在職老齢年金

    65歳からの在職老齢年金制度の基準額 現状の47万円を維持に傾くとの報道も

    65歳以上の働く高齢者年金減額迷走現状維持に傾く「金持ち優遇…

  3. 60歳からの働き方

    サラリーマン夫婦の年金 夫が定年を迎える際に知っておきたい妻の年金

    サラリーマンの老齢年金は、夫婦単位(世帯単位)で制度設計されているサ…

  4. 在職老齢年金

    政府の年金制度改革案の概要 在職老齢年金・繰下げ・厚生年金健康保険の適用拡大

    先日、政府の年金制度改革案がまとまったとの報道がありました。(令和元…

  5. 定年

    退職後、雇用保険から失業給付をもらうと年金はどうなるのか

    失業給付(求職者給付)の種類 65歳までの基本手当と、65歳からの高年…

おすすめ記事

最新記事

  1. 保護中: 令和4年度助成金ダイジェスト
  2. 公的年金シミュレーターの試験運用が開始されました(2022年…
  3. 士業の個人事務所と社会保険(健康保険・厚生年金保険)加入 令…
  4. 雇用契約期間と社会保険加入について 令和4年(2022年10…
  5. 70歳雇用推進マニュアルが公表 2021年度(令和3年度)か…
  1. 60歳からの働き方

    年金の繰下げは得か損か?(老齢基礎年金・老齢厚生年金)
  2. 老齢厚生年金

    65歳からの老齢基礎年金・老齢厚生年金を繰下げて、年金額を増やすこともできる
  3. お知らせ

    70歳雇用推進マニュアルが公表 2021年度(令和3年度)から70歳までの就業機…
  4. 老齢厚生年金

    【年金額の計算方法】65歳までの特別支給の老齢厚生年金、65歳からの老齢基礎年金…
  5. 老齢厚生年金

    60歳定年をむかえるサラリーマンは年金をいつから(何歳から)もらえるのか
PAGE TOP