年金改正

2020年(令和2年)公的年金制度改正の概要と施行日一覧

2020年年金改正について、主な改正事項と施行日は下記の通りです

国民年金の主な改正と施行日

・未婚のひとり親等を寡婦と同様に保険料の免除基準等に追加 2021年4月1日

・現在60歳から70歳の間となっている老齢基礎年金の受給開始時期の選択肢を、「60歳から75歳」の間に拡大 2022年4月1日

・繰上げ受給の1月あたりの減額率を、0.5%から「0.4%」に引き下げ 2022年4月1日

 

厚生年金保険の主な改正と施行日

・現在60歳から70歳の間となっている老齢厚生年金の受給開始時期の選択肢を、「60歳から75歳」の間に拡大 2022年4月1日
・繰上げ受給の1月あたりの減額率を、0.5%から「0.4%」に引き下げ 2022年4月1日

・65歳までの在職老齢年金の基準額を28万円から「47万円」(2020年度)に引き上げ 2022年4月1日

・65歳以上の在職中の老齢厚生年金受給権者の年金額を毎年10月分から改定(「在職定時改定」) 2022年4月1日

・要件を満たす短時間労働者が加入対象となる事業所の従業員数を、501人以上から「101人以上」に引き下げ 2022年10月1日

・5人以上の個人事業所の適用業種に、弁護士、税理士等法律・会計業務を行う士業を追加 2022年10月1日

・要件を満たす短時間労働者が加入対象となる事業所の従業員数を、「51人以上」に引き下げ 2024年10月1日

 

健康保険の主な改正と施行日

・要件を満たす短時間労働者が加入対象となる事業所の従業員数を、501人以上から「101人以上」に引き下げ 2022年10月1日

・5人以上の個人事業所の適用業種に、弁護士、税理士等法律・会計業務を行う士業を追加 2022年10月1日

・要件を満たす短時間労働者が加入対象となる事業所の従業員数を、「51人以上」に引き下げ 2024年10月1日

 

確定拠出年金の主な改正と施行日

・個人型確定拠出年金(iDeCo)および企業型確定拠出年金の受給開始時期の選択範囲を、60歳から70歳の間から「60歳から75歳の間」に拡大 2022年4月1日

・個人型確定拠出年金(iDeCo)の加入可能年齢の上限を60歳未満から「65歳未満」に引き上げ 2022年5月1日

・企業型確定拠出年金の加入可能年齢の上限を65歳未満から「70歳未満」に引き上げ 2022年5月1日

・規約の定めなしに企業型確定拠出年金加入者の個人型確定拠出年金(iDeCo)併用が可能に 2022年10月1日

・企業型確定拠出年金加入者が自分でも掛金を拠出する「マッチング拠出」と個人型確定拠出年金(iDeCo)の選択が可能に 2022年10月1日  

 

確定給付企業年金の主な改正と施行日

・確定給付企業年金の受給開始時期の選択範囲を6、60歳から65歳の間から「60歳から70歳の間」に拡大 2020年6月1日

 

児童扶養手当の主な改正と施行日

・障害基礎年金との併給調整が見直し 2021年3月1日

 

 

 

関連記事

  1. 在職老齢年金

    在職老齢年金制度の見直し(基準額緩和・廃止)のオプション試算・2019年8月27日財政検証

    少なくとも5年ごとに行われる国民年金・厚生年金保険の財政検証結果の公表…

  2. お知らせ

    「骨太の方針」2019年(令和元年)6月21日 に記載されている年金改革とは

    「経済財政運営と改革の基本方針2019について」が令和元年6月21日閣…

  3. 年金改正

    パートタイム労働者への健康保険・厚生年金保険の適用拡大 これまでの議論の整理

    今後の年金法改正では、まずは、パートタイム労働者への健康保険・厚生年金…

  4. 在職老齢年金

    65歳からの在職老齢年金制度の基準額 現状の47万円を維持に傾くとの報道も

    65歳以上の働く高齢者年金減額迷走現状維持に傾く「金持ち優遇…

  5. 年金改正

    年金繰下げ制度の見直し(柔軟化)と「在職定時改定」の導入案が提示

    繰下げ制度の見直し・在職定時改定が提示2019年10月18日(金)に…

おすすめ記事

最新記事

  1. 役員退職金、経営セーフティー共済、企業型確定拠出年金
  2. 国民年金保険料の早割・前納割引とは/国民健康保険料の減免・徴…
  3. 被用者保険(健康保険・厚生年金保険)の適用拡大スケジュール(…
  4. 年金生活者支援給付金制度とは
  5. 傷病手当金・出産手当金の給付と健康保険・国民健康保険(市区町…
  1. 退職金・老後資金積立

    つみたてNISA、iDeCo(個人型確定拠出年金)、個人年金で老後資金積立
  2. 60歳からの働き方

    65歳以降も働くと年金はどうなるのか 働き方改革と在職老齢年金
  3. 退職金・老後資金積立

    自営業者(個人事業主・フリーランス)も加入できる退職金・老後資金積立「小規模企業…
  4. お知らせ

    「ねんきん定期便」の年金額は、50歳未満と50歳以上で異なるので注意
  5. 老齢基礎年金

    65歳からの老齢基礎年金は満額で約78万円もらえる
PAGE TOP