国民健康保険・国民年金

  1. 国民年金保険料の早割・前納割引とは/国民健康保険料の減免・徴収猶予、保険料軽減制度とは

    国民年金保険料は1人月額16,540円(2020年度現在)2020年度の国民年金保険料は、1人あたり月額16,540円です。2021年度の国民年金保険料は…

  2. 傷病手当金・出産手当金の給付と健康保険・国民健康保険(市区町村・国民健康保険組合)

    都道府県・市区町村が運営する国民健康保険には、傷病手当金や出産手当金がない会社員が加入する健康保険には、業務外の病気・けがによる療養のため働け…

  3. 自営業・フリーランス等が加入する国民健康保険料・国民年金保険料のしくみ

    個人事業主・フリーランス等は、年金は国民年金に加入し、医療保険は国民健康保険に加入することとなっています。国民年金には20歳以上60歳未満の間加入し、国民健…

  4. 法人を設立したときに必要となる年金・医療保険(社会保険)関係の手続きとは

    法人を設立した際の年金・医療保険関係の手続きは、次の通りです。厚生年金保険・健康保険に加入する手続きを行う法人事業所が加入するための届出(「新規適用届」)お…

おすすめ記事

最新記事

  1. 保護中: 令和4年度助成金ダイジェスト
  2. 公的年金シミュレーターの試験運用が開始されました(2022年…
  3. 士業の個人事務所と社会保険(健康保険・厚生年金保険)加入 令…
  4. 雇用契約期間と社会保険加入について 令和4年(2022年10…
  5. 70歳雇用推進マニュアルが公表 2021年度(令和3年度)か…
  1. お知らせ

    士業の個人事務所と社会保険(健康保険・厚生年金保険)加入 令和4年(2022年)…
  2. 年金改正

    次期年金制度改正の基本的な考え方と今後の議論の大きな柱二つ
  3. 在職老齢年金

    「給与月額」(総報酬月額相当額)と「年金月額」(基本月額)との合計額から基準額を…
  4. 60歳からの働き方

    60歳定年後再雇用で、給料が下がった状態で働くと、年金はどうなるのか
  5. 健康保険・厚生年金保険

    被用者保険(健康保険・厚生年金保険)の適用拡大スケジュール(2022年・令和2年…
PAGE TOP