国民健康保険・国民年金

  1. 国民年金保険料の早割・前納割引とは/国民健康保険料の減免・徴収猶予、保険料軽減制度とは

    国民年金保険料は1人月額16,540円(2020年度現在)2020年度の国民年金保険料は、1人あたり月額16,540円です。2021年度の国民年金保険料は…

  2. 傷病手当金・出産手当金の給付と健康保険・国民健康保険(市区町村・国民健康保険組合)

    都道府県・市区町村が運営する国民健康保険には、傷病手当金や出産手当金がない会社員が加入する健康保険には、業務外の病気・けがによる療養のため働け…

  3. 自営業・フリーランス等が加入する国民健康保険料・国民年金保険料のしくみ

    個人事業主・フリーランス等は、年金は国民年金に加入し、医療保険は国民健康保険に加入することとなっています。国民年金には20歳以上60歳未満の間加入し、国民健…

  4. 法人を設立したときに必要となる年金・医療保険(社会保険)関係の手続きとは

    法人を設立した際の年金・医療保険関係の手続きは、次の通りです。厚生年金保険・健康保険に加入する手続きを行う法人事業所が加入するための届出(「新規適用届」)お…

おすすめ記事

最新記事

  1. 2022年10月1日からの厚生年金保険・健康保険加入要件(2…
  2. 個人事業主・フリーランスの老後資金積立や投資の一般的な優先順…
  3. 「年金制度の仕組みと考え方」と次回年金改正
  4. 人生 100 年時代に相応しい全世代型社会保障制度構築・「幸…
  5. 保護中: 令和4年度助成金ダイジェスト
  1. お知らせ

    70歳までの従業員の就業機会確保措置の努力義務化と、継続的に業務委託する制度など…
  2. 老齢基礎年金

    65歳からの老齢基礎年金は満額で約78万円もらえる
  3. 障害年金

    障害基礎年金と障害厚生年金の基礎知識
  4. お知らせ

    人生100年時代における「老後資金2000万円不足」問題の計算根拠
  5. 健康保険・厚生年金保険

    厚生年金保険料等の納付猶予特例(新型コロナ感染症の影響により事業収入に相当の減少…
PAGE TOP