雇用保険

  1. 退職後、雇用保険から失業給付をもらうと年金はどうなるのか

    失業給付(求職者給付)の種類 65歳までの基本手当と、65歳からの高年齢求職者給付金60歳以降退職後、ハローワークに求職の申込みをして求職活動をする場合は、…

  2. 60歳以降も厚生年金・雇用保険に入って働くと、将来もらえる年金はどう変わるのか

    60歳定年後再雇用されて働く男性サラリーマンの事例で確認(年金試算・シミュレーション例)従業員500人未満のA社に務める男性Bさん(大学卒業後定年まで37年6…

  3. 60歳定年後再雇用で、給料が下がった状態で働くと、年金はどうなるのか

    定年後再雇用では、給料が下がった状態で働く人も多い「高年齢者の雇用に関する調査(企業調査)」(2016年5月 独立行政法人労働政策研究・研修機構)では、フルタ…

  4. サラリーマンが定年後も働く場合。60歳からの働き方と年金 厚生年金保険と雇用保険

    60歳からの働き方・雇用条件と、厚生年金保険、雇用保険60歳からの雇用条件は、次の3つに分けることができます。1.厚生年金に入るこの場合、雇用保険にも入…

  5. 60歳定年後何歳まで働くかによって老齢厚生年金受給額・雇用保険給付額・厚生年金保険料負担額はどう変わ…

    サラリーマンの60歳からの働き方と年金・雇用保険・保険料負担の関係もうすぐ60歳となる会社員の方にとって、60歳(定年年齢)後の働き方をどうするかは大きな関心…

おすすめ記事

最新記事

  1. 令和5年度(2023年度)の全国健康保険協会(協会けんぽ)保…
  2. つみたてNISA 令和5年(2023年) よくある質問
  3. 個人事業主・フリーランスや小規模法人経営者が影響を受ける今後…
  4. 令和6年の次回財政検証・令和7年の次回公的年金改正に向けて、…
  5. 新設・拡充予定の雇用助成金と令和3年度会計検査院検査報告
  1. 年金改正

    【経営者向け最新情報:厚生年金の標準報酬月額の上限が来年9月より65万円に引上げ…
  2. 老齢厚生年金

    これから定年を迎えるサラリーマン 年金をいくらもらえるのか
  3. 在職老齢年金

    65歳からの在職老齢年金制度の基準額 現状の47万円を維持に傾くとの報道も
  4. 国民健康保険・国民年金

    法人を設立したときに必要となる年金・医療保険(社会保険)関係の手続きとは
  5. お知らせ

    公的年金シミュレーターの試験運用が開始されました(2022年4月25日から)
PAGE TOP