老齢厚生年金

特別支給の老齢厚生年金とは? どんな人がもらえる?

公的年金に加入して保険料を納めた期間等(保険料免除などを受けた期間や合算対象期間を含みます)が10年以上ある人は、65歳から老齢基礎年金をもらえます。

公的年金に加入して保険料を納めた期間等が10年以上あり、そのうち1か月でも厚生年金保険加入期間(共済組合等加入期間を含みます)があれば、65歳から老齢厚生年金ももらえます。

そのほか、公的年金に加入して保険料を納めた期間等が10年以上あり、そのうち、厚生年金保険加入期間(共済組合等加入期間を含みます)が1年以上ある人が、次のいずれかに該当する場合は、65歳前から「特別支給の老齢厚生年金」ももらえます。

・1961年4月1日以前生まれの男性

・1966年4月1日以前生まれの女性

特別支給の老齢厚生年金の支給開始年齢は、生年月日・性別により異なります。

詳しくは、日本年金機構 「老齢年金ガイド 令和2年度版」
https://www.nenkin.go.jp/pamphlet/kyufu.files/LK03.pdf
の6ページをご参照ください。

なお、下記のいずれかに該当する人についての特別支給の老齢厚生年金は報酬比例部分のみの年金ですので、年金額計算式は老齢厚生年金(報酬比例部分)の計算式と同じです。

・1949年4月1日~1961年4月1日に生まれた男性

・1954年4月1日~1966年4月1日に生まれた女性

老齢厚生年金(報酬比例部分)の年金額の計算式は次の通りです。

・特別支給の老齢厚生年金(報酬比例部分)
=平均標準報酬額×5,481/1,000×2003年4月以降の厚生年金保険加入期間の月数

2003年3月以前に厚生年金保険加入期間がある人の場合は、次の通りです。

・特別支給の老齢厚生年金(報酬比例部分)
=平均標準報酬月額×7.125/1,000×2003年3月以前の厚生年金保険加入期間の月数+平均標準報酬額×5,481/1,000×2003年4月以降の厚生年金保険加入期間の月数

ただし、厚生年金保険加入期間の月数は、それぞれ以下の期間を用いて計算されます。

・65歳までの「特別支給の老齢厚生年金(報酬比例部分)):生年月日・性別に応じて定められた特別支給の老齢厚生年金の支給開始年齢到達月の前月まで

・65歳からの「老齢厚生年金(報酬比例部分)」:65歳到達月の前月まで

したがって、特別支給の老齢厚生年金をもらえる人が、特別支給の老齢厚生年金の支給開始年齢到達月以降も厚生年金保険に加入すると、65歳までの特別支給の老齢厚生年金(報酬比例部分)に比べて、65歳からの老齢厚生年金(報酬比例部分)の方が年金額が多くなります。

関連記事

  1. 老齢厚生年金

    企業年金連合会からの年金ももらえる場合の注意点とは

    厚生年金基金にも入っていた期間がある人の年金の「もらいもれ」厚生年…

  2. 在職老齢年金

    在職老齢年金制度の見直し(65歳から・65歳まで)の方向が厚生労働省より提示

    10月9日の第11回社会保障審議会年金部会では、「高齢期の就労と年金受…

  3. 老齢厚生年金

    これから定年を迎えるサラリーマン 年金をいくらもらえるのか

    65歳からの年金のうちの「老齢基礎年金」の年金額の計算方法と満額の老齢…

  4. 60歳からの働き方

    60歳以降も厚生年金に加入して働くことのメリット・デメリットとは

    60歳以降も厚生年金に入って働くことによるメリット3つ60歳以降も厚…

おすすめ記事

最新記事

  1. 士業の個人事務所と社会保険(健康保険・厚生年金保険)加入 令…
  2. 雇用契約期間と社会保険加入について 令和4年(2022年10…
  3. 70歳雇用推進マニュアルが公表 2021年度(令和3年度)か…
  4. 年金に税金はかかりますか?(令和2年分以後・老齢年金、障害年…
  5. 2022年10月からの社会保険(厚生年金・健康保険)適用拡大…
  1. 60歳からの働き方

    65歳以降も働くと年金はどうなるのか 働き方改革と在職老齢年金
  2. 老齢厚生年金

    企業年金連合会からの年金ももらえる場合の注意点とは
  3. 老齢厚生年金

    60歳定年をむかえるサラリーマンは年金をいつから(何歳から)もらえるのか
  4. 年金改正

    年金繰下げ制度の見直し(柔軟化)と「在職定時改定」の導入案が提示
  5. 60歳からの働き方

    60歳以降も厚生年金・雇用保険に入って働くと、将来もらえる年金はどう変わるのか
PAGE TOP