60歳からの働き方

サラリーマン夫婦2人の生活費(最低限必要な金額・ゆとりある生活のために必要な金額)と年金額

老後の夫婦二人の日常生活費はいくらくらい必要か

夫婦二人の日常生活費は最低限月額22万円は必要

・日常生活に最低限必要な金額は月額22万円
・ゆとりある生活のために必要な金額は月額約35万円

(「平成28年度生活保障に関する調査」公益財団法人生命保険文化センターより)

平均年金受給額(夫婦二人の老齢基礎年金+夫の老齢厚生年金)は月額約22万円(モデル世帯)

一方、

厚生労働省が毎年発表しているモデル世帯(標準的な給料で40年間勤務したサラリーマンの夫と専業主婦)における、夫婦二人の年金額合計は月額約22万円。

実際に60歳台前半の男性がもらっている年金額平均は?

ただし、60歳台前半の男性がもらっている年金額は、平均すると月額9~10万円程度。

しかも、

すでに定年退職した会社の先輩に比べ、これから定年を迎える人は、60歳以降年金をもらえない期間が長くなります。

十分な預貯金がある、退職金を取り崩して生活費に充てる、という人以外は、60歳以降も働く必要があるのが現実です。

関連記事

  1. 60歳からの働き方

    60歳定年後再雇用で、給料が下がった状態で働くと、年金はどうなるのか

    定年後再雇用では、給料が下がった状態で働く人も多い「高年齢者の雇用に…

  2. 老齢基礎年金

    国民年金保険料の免除・納付猶予と追納 老齢基礎年金の年金額への影響は?

    国民年金保険料を納めることが経済的に難しい場合は、未納のまま放っておか…

  3. 60歳からの働き方

    60歳以降も厚生年金に加入して働くことのメリット・デメリットとは

    60歳以降も厚生年金に入って働くことによるメリット3つ60歳以降も厚…

  4. お知らせ

    「骨太の方針」2019年(令和元年)6月21日 に記載されている年金改革とは

    「経済財政運営と改革の基本方針2019について」が令和元年6月21日閣…

おすすめ記事

最新記事

  1. 役員退職金、経営セーフティー共済、企業型確定拠出年金
  2. 国民年金保険料の早割・前納割引とは/国民健康保険料の減免・徴…
  3. 被用者保険(健康保険・厚生年金保険)の適用拡大スケジュール(…
  4. 年金生活者支援給付金制度とは
  5. 傷病手当金・出産手当金の給付と健康保険・国民健康保険(市区町…
  1. 老齢基礎年金

    国民年金への任意加入・付加保険料を納付して付加年金を受ける・国民年金基金に加入す…
  2. 老齢基礎年金

    国民年金保険料の免除・納付猶予と追納 老齢基礎年金の年金額への影響は?
  3. 定年

    退職後、雇用保険から失業給付をもらうと年金はどうなるのか
  4. 老齢厚生年金

    60歳定年をむかえるサラリーマンは年金をいつから(何歳から)もらえるのか
  5. 年金改正

    パートタイム労働者への健康保険・厚生年金保険の適用拡大 これまでの議論の整理
PAGE TOP