在職老齢年金

政府の年金制度改革案の概要 在職老齢年金・繰下げ・厚生年金健康保険の適用拡大

先日、政府の年金制度改革案がまとまったとの報道がありました。
(令和元年12月6日 日本経済新聞 等)

現時点での改革案の主な内容は次の通りです。

在職老齢年金制度の見直し案について

・65歳までの基準額を、28万円から47万円に引上げ

・65歳からの基準額は、現状通り47万円

繰下げ制度の見直し案について

現在最高70歳までの繰下げが選択できるが、最高75歳までの繰下げも選択できることとする
(75歳まで繰下げると、65歳から受ける場合に比べて年金額が1.84倍に増える)

パートタイマー等短時間労働者への厚生年金保険・健康保険の適用拡大について

現在、従業員501人以上の企業に勤務、週20時間以上勤務、賃金月額8.8万円以上などの条件を満たす短時間労働者が対象のところ、
従業員数の要件を段階的に引き下げる
(令和4年10月に従業員101人以上の企業に、令和6年10月に51人以上の企業に対象を拡大)

年金改正法案提出予定時期について

政府は、令和2年1月から始まる通常国会への改正法案提出を目指しているとのことです。

関連記事

  1. 60歳からの働き方

    サラリーマン夫婦の年金 夫が定年を迎える際に知っておきたい妻の年金

    サラリーマンの老齢年金は、夫婦単位(世帯単位)で制度設計されているサ…

  2. 老齢厚生年金

    企業年金連合会からの年金ももらえる場合の注意点とは

    厚生年金基金にも入っていた期間がある人の年金の「もらいもれ」厚生年…

  3. 60歳からの働き方

    サラリーマン夫婦2人の生活費(最低限必要な金額・ゆとりある生活のために必要な金額)と年金額

    老後の夫婦二人の日常生活費はいくらくらい必要か夫婦二人の日常生活費は…

  4. 60歳からの働き方

    60歳以降も厚生年金に加入して働くことのメリット・デメリットとは

    60歳以降も厚生年金に入って働くことによるメリット3つ60歳以降も厚…

  5. 60歳からの働き方

    65歳以降も働くと年金はどうなるのか 働き方改革と在職老齢年金

    65歳以降も働ける企業・70歳からも働ける企業の割合・働いている人の数…

  6. 在職老齢年金

    65歳からの在職老齢年金制度の基準額 現状の47万円を維持に傾くとの報道も

    65歳以上の働く高齢者年金減額迷走現状維持に傾く「金持ち優遇…

おすすめ記事

最新記事

  1. 個人事業主・フリーランスの老後資金積立や投資の一般的な優先順…
  2. 「年金制度の仕組みと考え方」と次回年金改正
  3. 人生 100 年時代に相応しい全世代型社会保障制度構築・「幸…
  4. 保護中: 令和4年度助成金ダイジェスト
  5. 公的年金シミュレーターの試験運用が開始されました(2022年…
  1. 在職老齢年金

    65歳からの在職老齢年金基準額見直し案(51万円)と65歳までの基準額見直し案(…
  2. 定年

    退職後、雇用保険から失業給付をもらうと年金はどうなるのか
  3. 健康保険・厚生年金保険

    厚生年金保険・健康保険の強制適用事業所とは
  4. 退職金・老後資金積立

    個人事業主・フリーランスの老後資金積立や投資の一般的な優先順位について
  5. 国民健康保険・国民年金

    国民年金保険料の早割・前納割引とは/国民健康保険料の減免・徴収猶予、保険料軽減制…
PAGE TOP