在職老齢年金

政府の年金制度改革案の概要 在職老齢年金・繰下げ・厚生年金健康保険の適用拡大

先日、政府の年金制度改革案がまとまったとの報道がありました。
(令和元年12月6日 日本経済新聞 等)

現時点での改革案の主な内容は次の通りです。

在職老齢年金制度の見直し案について

・65歳までの基準額を、28万円から47万円に引上げ

・65歳からの基準額は、現状通り47万円

繰下げ制度の見直し案について

現在最高70歳までの繰下げが選択できるが、最高75歳までの繰下げも選択できることとする
(75歳まで繰下げると、65歳から受ける場合に比べて年金額が1.84倍に増える)

パートタイマー等短時間労働者への厚生年金保険・健康保険の適用拡大について

現在、従業員501人以上の企業に勤務、週20時間以上勤務、賃金月額8.8万円以上などの条件を満たす短時間労働者が対象のところ、
従業員数の要件を段階的に引き下げる
(令和4年10月に従業員101人以上の企業に、令和6年10月に51人以上の企業に対象を拡大)

年金改正法案提出予定時期について

政府は、令和2年1月から始まる通常国会への改正法案提出を目指しているとのことです。

関連記事

  1. 健康保険・厚生年金保険

    雇用契約期間と社会保険加入について 令和4年(2022年10月)以降とそれまで

    (質問)雇用契約期間と社会保険加入について令和4年10月以降も、2…

  2. 老齢厚生年金

    これから定年を迎えるサラリーマン 年金をいくらもらえるのか

    65歳からの年金のうちの「老齢基礎年金」の年金額の計算方法と満額の老齢…

  3. 老齢厚生年金

    特別支給の老齢厚生年金とは? どんな人がもらえる?

    公的年金に加入して保険料を納めた期間等(保険料免除などを受けた期間や合…

  4. 60歳からの働き方

    60歳以降も厚生年金・雇用保険に入って働くと、将来もらえる年金はどう変わるのか

    60歳定年後再雇用されて働く男性サラリーマンの事例で確認(年金試算・シ…

  5. 60歳からの働き方

    60歳まで・年金をもらう年齢になるまでに知っておきたい・調べておきたいこと

    会社の定年年齢や継続雇用制度について確認しておきましょう定年を迎える…

おすすめ記事

最新記事

  1. 士業の個人事務所と社会保険(健康保険・厚生年金保険)加入 令…
  2. 雇用契約期間と社会保険加入について 令和4年(2022年10…
  3. 70歳雇用推進マニュアルが公表 2021年度(令和3年度)か…
  4. 年金に税金はかかりますか?(令和2年分以後・老齢年金、障害年…
  5. 2022年10月からの社会保険(厚生年金・健康保険)適用拡大…
  1. 60歳からの働き方

    定年を迎えるサラリーマンが企業年金について最低限知っておきたいこと
  2. 老齢厚生年金

    65歳からの老齢基礎年金・老齢厚生年金を繰下げて、年金額を増やすこともできる
  3. 老齢厚生年金

    これから定年を迎えるサラリーマン 年金をいくらもらえるのか
  4. 年金改正

    年金繰下げ制度の見直し(柔軟化)と「在職定時改定」の導入案が提示
  5. 年金改正

    今後の老齢厚生年金関係の予想される法改正内容とは
PAGE TOP