退職金・老後資金積立

自営業者(個人事業主・フリーランス)も加入できる退職金・老後資金積立「小規模企業共済」

自営業者(個人事業主・フリーランス)等が所得税や住民税を節税しながら退職金・老後の生活資金を積み立てることができる定番の制度として、国の機関である独立行政法人中小企業基盤整備機構(中小機構)が運営する「小規模企業共済」があります。

 

常時使用する従業員の数が20人以下の個人事業主・フリーランスや法人代表者・役員が加入できます。

卸売業・小売業やサービス業(宿泊業・娯楽業を除く)の場合は、常時使用する従業員の数が5人以下の個人事業主・フリーランスや法人代表者・役員が加入できます。

 

掛金は月額1,000円から7万円までの範囲内(500円単位)で自由に選べ、増額・減額もできます。

掛金の納付方法は、月払い、半年払い、年払いから選べます。

掛金は小規模企業共済等掛金控除として全額所得控除の対象となります(社会保険料控除と違って、本人分以外の掛金を払っても控除の対象にはなりません)。

 

掛金の前納もできます。前納月数に応じた割引(前納減額金)を受け取れます。
1年以内の前納掛金(-前納減額金)も、課税対象となる所得から控除できます。

 

加入時の年齢制限や満期はありません。

 

個人事業主・フリーランスが加入した場合は、掛金納付月数6か月以上で、次のいずれかの事由が生じたときに共済金を受取ることができます。

【共済金A】・すべての個人事業を廃止した

・死亡した

【共済金B】・老齢給付(65歳以上で180か月以上掛金を払い込んだ)

共済金の受け取りは、一括受け取りまたは分割受け取りを選べます(要件を満たせば、一括受け取り・分割受け取りの併用も選べます)。

一括で受け取った場合は退職所得扱いとなり、分割で受け取った場合は雑所得扱い(公的年金等控除の対象)となります。

 

このように、掛金を払う際も、共済金をもらう際も所得税・住民税の節税となります
死亡による共済金はみなし相続財産として相続税の課税対象(ただし、法定相続人×500万円までは非課税)です。

 

掛金の納付期間に応じた貸付限度額の範囲内で事業資金等を借り入れることもできます。

 

なお、掛金納付月数240か月未満で任意解約した場合の解約手当金は掛金合計額を下回ります(掛金納付月数12か月未満の場合は、解約手当金や準共済金は受け取れません)。

 

共済金等の予定利率は2020年度現在1%です。
中小機構のホームページ (https://www.smrj.go.jp/kyosai/skyosai/index.html)で、将来受け取れる共済金と節税効果をシミュレーションできます。

 

加入の申し込みは、商工会、商工会議所、中小企業団体中央会、中小企業の組合、青色申告会、金融機関の窓口で行います。

関連記事

  1. 退職金・老後資金積立

    役員退職金、経営セーフティー共済、企業型確定拠出年金

    法人の代表者や役員が退任した際に会社から受ける役員退職金(役員退職慰労…

おすすめ記事

最新記事

  1. 役員退職金、経営セーフティー共済、企業型確定拠出年金
  2. 国民年金保険料の早割・前納割引とは/国民健康保険料の減免・徴…
  3. 被用者保険(健康保険・厚生年金保険)の適用拡大スケジュール(…
  4. 年金生活者支援給付金制度とは
  5. 傷病手当金・出産手当金の給付と健康保険・国民健康保険(市区町…
  1. 年金改正

    【経営者向け最新情報:厚生年金の標準報酬月額の上限が来年9月より65万円に引上げ…
  2. 老齢厚生年金

    老齢厚生年金に加算される加給年金額とは
  3. お知らせ

    令和2年度年金額が今年度に比べて0.2%プラス改定 在職老齢年金基準額は28万円…
  4. 在職老齢年金

    政府の年金制度改革案の概要 在職老齢年金・繰下げ・厚生年金健康保険の適用拡大
  5. お知らせ

    「ねんきん定期便」の年金額は、50歳未満と50歳以上で異なるので注意
PAGE TOP