60歳からの働き方

  1. サラリーマン夫婦2人の生活費(最低限必要な金額・ゆとりある生活のために必要な金額)と年金額

    老後の夫婦二人の日常生活費はいくらくらい必要か夫婦二人の日常生活費は最低限月額22万円は必要・日常生活に最低限必要な金額は月額22万円・ゆとりある生活のた…

  2. 60歳まで・年金をもらう年齢になるまでに知っておきたい・調べておきたいこと

    会社の定年年齢や継続雇用制度について確認しておきましょう定年を迎えるのはいつか、確認しましょう「60歳定年」といっても、具体的にいつをもって退職とするのかは…

  3. 定年を迎えるサラリーマンが企業年金について最低限知っておきたいこと

    企業年金とは 厚生年金基金・確定給付企業年金・企業型確定拠出年金国からもらえる年金以外に、企業年金から年金をもらえる人もいます。そこで、企業年金についてポ…

  4. サラリーマン夫婦の年金 夫が定年を迎える際に知っておきたい妻の年金

    サラリーマンの老齢年金は、夫婦単位(世帯単位)で制度設計されているサラリーマンの老齢年金は、夫婦単位(世帯単位)で制度が設計されています。厚生労働省の想定…

  5. 65歳以降も働くと年金はどうなるのか 働き方改革と在職老齢年金

    65歳以降も働ける企業・70歳からも働ける企業の割合・働いている人の数平成30年版高齢社会白書(内閣府)によると、現在仕事をしている60歳以上の者の約4割が「…

  6. 60歳以降も厚生年金・雇用保険に入って働くと、将来もらえる年金はどう変わるのか

    60歳定年後再雇用されて働く男性サラリーマンの事例で確認(年金試算・シミュレーション例)従業員500人未満のA社に務める男性Bさん(大学卒業後定年まで37年6…

  7. 60歳定年後再雇用で、給料が下がった状態で働くと、年金はどうなるのか

    定年後再雇用では、給料が下がった状態で働く人も多い「高年齢者の雇用に関する調査(企業調査)」(2016年5月 独立行政法人労働政策研究・研修機構)では、フルタ…

  8. 60歳以降も厚生年金に加入して働くことのメリット・デメリットとは

    60歳以降も厚生年金に入って働くことによるメリット3つ60歳以降も厚生年金に入って働くことによるメリットは、次の3つです。1.将来もらえる年金額が増えます…

  9. サラリーマンが定年後も働く場合。60歳からの働き方と年金 厚生年金保険と雇用保険

    60歳からの働き方・雇用条件と、厚生年金保険、雇用保険60歳からの雇用条件は、次の3つに分けることができます。1.厚生年金に入るこの場合、雇用保険にも入…

  10. 年金の繰下げは得か損か?(老齢基礎年金・老齢厚生年金)

    65歳からの年金のもらい方には4つある年金を繰上げしないで65歳になったら、65歳からの年金のもらい方には、次の4通りがあります。1.老齢基礎年金・…

おすすめ記事

最新記事

  1. 70歳雇用推進マニュアルが公表 2021年度(令和3年度)か…
  2. 年金に税金はかかりますか?(令和2年分以後・老齢年金、障害年…
  3. 2022年10月からの社会保険(厚生年金・健康保険)適用拡大…
  4. 役員退職金、経営セーフティー共済、企業型確定拠出年金
  5. 国民年金保険料の早割・前納割引とは/国民健康保険料の減免・徴…
  1. お知らせ

    令和2年度年金額が今年度に比べて0.2%プラス改定 在職老齢年金基準額は28万円…
  2. 老齢厚生年金

    60歳定年をむかえるサラリーマンは年金をいつから(何歳から)もらえるのか
  3. お知らせ

    70歳までの従業員の就業機会確保措置の努力義務化と、継続的に業務委託する制度など…
  4. 年金改正

    年金繰下げ制度の見直し(柔軟化)と「在職定時改定」の導入案が提示
  5. 60歳からの働き方

    年金の繰下げは得か損か?(老齢基礎年金・老齢厚生年金)
PAGE TOP